モスラの生みの親、田中友幸

大阪府柏原市出身の映画プロデューサーです。東宝映画代表取締役会長、日本創造企画代表取締役会長、日本アカデミー賞協会副会長、日本映画テレビプロデューサー協会顧問を歴任した人物です。

来歴

大阪共同劇団での演劇活動を経て、プロデューサーとして活躍し、1954年の「ゴジラ」以降、同社の看板シリーズとなった怪獣・SF映画のほとんどをプロデュースしました。また、「8.15」シリーズを初めとするアクション映画や戦記大作、黒澤明、岡本喜八監督などの作品も手がけ、喜劇・文芸作品を専門分野としていたプロデューサー・藤本真澄と東宝の黄金時代を牽引しました。元々健全市民カラーの強い東宝にあって、ひたすら非日常の世界、豪快な男性路線にこだわり続けていました。異端派に終わるべきところを数回にわたって日本映画の興行成績記録を塗り替えるという空前絶後のヒットメーカーぶりを発揮し、結局会社の色まで染め替えてしまい巻いた。とりわけ「日本沈没」で大ヒットを飛ばして以後は東宝系の映画館主から絶大な信頼を得ていました。テレビなどでゴジラの生みの親として紹介されるのは円谷英二であることが多いですが、一般的に知られているゴジラの基本設定を考え、実際に企画を立ち上げたのはこの田中友幸でした。ゴジラのハリウッドリメイク作である「GODZILLA」のエンドクレジットの最後には「田中友幸の思い出に捧ぐ」という一文が記されています。また、没後に製作された「モスラ3 キングギドラ来襲」の劇中に、主人公の祖父の肖像として田中の写真が飾られています。その硬派で一貫した作品群、三菱や創価学会とも太いパイプを築き東宝グループに君臨した晩年のポジションなどから、強面なイメージで語られることが少なくありませんが、実際は柔和で温厚な調整型の人物であったのだそうです。試写でまずいところがあると、隣席の監督をつねってくるなど、お茶目な面もあったのだそうです。

略歴

  • 1935年・・・関西大学経済学部卒業
  • 1940年4月1日・・・大宝映画に入社。
  • 1940年10月1日・・・東宝京都撮影所に転ずる。
  • 1941年4月1日・・・東宝映画株式会社に転ずる。
  • 1944年4月1日・・・東宝東京撮影所に転ずる。
  • 1947年4月1日・・・東宝争議に伴い退社。映画芸術協会に身をおく。
  • 1952年4月1日・・・東宝に複社。
  • 1971年1月8日・・・日本創造企画株式会社取締役社長に就任。
  • 1971年4月1日・・・東宝映像代表取締役社長に就任。
  • 1975年4月1日・・・株式会社東宝映画代表取締役社長に就任。
  • 1989年4月1日・・・東宝映画代表取締役会長に就任。
  • 1992年5月・・・日本創造企画株式会社取締役会長に就任。
  • 1997年4月2日・・・脳梗塞で死去。

主なプロデュース作品

東宝社員時代

  • 1945年・・・「北の三人」
  • 1946年・・・「陽気な女」
  • 1947年・・・「銀嶺の果て」
  • 1949年・・・「ジャコ万と鉄」
  • 1950年・・・「暁の脱走」
  • 1951年・・・「愛と憎しみの彼方へ」
  • 1952年・・・「戦国無頼」「港へ来た男」「思春期」
  • 1953年・・・「天晴れ一番手柄 青春銭形平次」「続思春期」
  • 1954年・・・「さらばラバウル」「潮騒」「ゴジラ」
  • 1955年・・・「恋化粧」「ゴジラの逆襲」「おえんさん」「獣人雪男」
  • 1956年・・・「白夫人の妖恋」「空の大怪獣ラドン」
  • 1957年・・・「智恵子抄」「地球防衛軍」
  • 1958年・・・「無法松の一生」「大怪獣バラン」「美女と液体人間」
  • 1959年・・・「暗黒街の顔役」「宇宙大戦争」「孫悟空」「独立愚連隊」「日本誕生」
  • 1960年・・・「暗黒街の対決」「電送人間」「ガス人間第一号」「ハワイ・ミッドウェイ大海空戦 太平洋の嵐」「悪い奴ほどよく眠る」「独立愚連隊西へ」
  • 1961年・・・「真紅の男」「大坂城物語」「モスラ」「用心棒」「世界大戦争」
  • 1962年・・・「椿三十郎」「キングコング対ゴジラ」「妖星ゴラス」
  • 1963年・・・「太平洋の翼」「天国と地獄」「五十万人の遺産」「青島要塞爆撃命令」「マタンゴ」「海底軍艦」「国際秘密警察 指令第8号」
  • 1964年・・・「士魂魔道 大龍巻」「国際秘密警察 虎の牙」「今日もわれ大空にあり」「ああ爆弾」「モスラ対ゴジラ」「宇宙大怪獣ドゴラ」「国際秘密警察 火薬の樽」「三大怪獣地球最大の決戦」
  • 1965年・・・「侍」「赤ひげ」「フランケンシュタイン対地底怪獣」「太平洋奇跡の作戦 キスカ」「姿三四郎」「国際秘密警察 鍵の鍵」「怪獣大戦争」「100発100中」「血と砂」
  • 1966年・・・「奇巌城の冒険」「ゼロ・ファイター 大空戦」「フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ」「ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘」「遊撃戦」
  • 1967年・・・「殺人狂時代」「国際秘密警察 絶対絶命」「上意討ち 拝領妻始末」「キングコングの逆襲」「日本のいちばん長い日」「怪獣島の決戦 ゴジラの息子」
  • 1968年・・・「怪獣総進撃」「連合艦隊司令長官 山本五十六」「100発100中 黄金の眼」
  • 1969年・・・「風林火山」「緯度0大作戦」「日本海大海戦」「地獄変」「ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃」
  • 1970年・・・「ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣」「幽霊屋敷の恐怖 血を吸う人形」
  • 1971年・・・「ゴジラ対ヘドラ」

東宝映像社長時代

  • 1972年・・・「地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン」
  • 1973年・・・「ゴジラ対メガロ」「日本沈没」「人間革命」「流星人間ゾーン」
  • 1974年・・・「ゴジラ対メカゴジラ」「ノストラダムスの大予言」「エスパイ」「日本沈没」

東宝映画社長時代

  • 1975年・・・「メカゴジラの逆襲」「東京湾炎上」
  • 1976年・・・「大空のサムライ」「続・人間革命」
  • 1977年・・・「八甲田山」「惑星大戦争」
  • 1980年・・・「影武者」「地震列島」
  • 1981年・・・「連合艦隊」
  • 1984年・・・「さよならジュピター」「F2グランプリ」「零戦燃ゆ」「ゴジラ」
  • 1987年・・・「竹取物語」
  • 1989年・・・「ガンヘッド」

東宝映画会長時代

  • 1989年・・・「ゴジラvsビオランテ」
  • 1991年・・・「ゴジラvsキングギドラ」
  • 1992年・・・「ゴジラvsモスラ」
  • 1993年・・・「ゴジラvsメカゴジラ」
  • 1994年・・・「ゴジラvsスペースゴジラ」

東宝映相談役時代

  • 1995年・・・「ゴジラvsデストロイア」
  • 1996年・・・「モスラ」
  • 1997年・・・「モスラ2 海底の大決戦」

特撮の父

特撮の父というと前述したとおり円谷英二を思い出す人が多いとおもいますが、田中友幸そのひともまた、東宝特撮映画を作り出す上で欠かせない人物だったと言えます。ゴジラをはじめとする数々のオリジナル怪獣を生み出し、プロデュースしてきた田中さんは、遺作となった「モスラ2 海底の大決戦」まで生涯現役を貫きました。晩年はプロデュースする映画の本数は減ってはいたものの、古きよき東宝映画を守り続けていました。平成ゴジラシリーズなどは幼いながらも毎年楽しみにしていた作品でした。ドラえもんと同時公開で、両方とも好きだった私は映画館に行くのが楽しみで仕方がありませんでした。あのワクワクする感覚は特撮ならではだったのではないかなと思います。今ではCGの技術も発達して特撮なんて過去のものと思われがちですが、あの頃の作品は今見ても色あせない素晴らしい作品ばかりだと思います。いつかまた特撮が認められる時代が来ればいいなと願ってやみません。

トップへ戻る