石垣の物語「バガージマヌパナス」

著者のデビュー作であり、石垣島が舞台となっています。タイトルの「バガージマヌパナス」とは、わたしの島の話しという意味です。この作品は1994年に第六回日本ファンタジーノベル大賞を受賞しました。2000年には栗原まもる作画で漫画化もされ、「ザ・デザート」の1999年12月号と2000年2月号に掲載されました。作中で繰り広げられる主人公・綾乃とその親友のおばぁの会話が軽快で面白く、そして最後にはジーンと感動させられるとても温かい物語です。作者は本作以降も多数の沖縄を舞台にした作品を発表していますが、本作の主人公の綾乃は、いままで自身が書いた作品の中で最も気に入っている人物なのだそうです。

あらすじ

仲宗根綾乃・19歳。高校卒業後、進学もせず、就職もせず、86歳の親友・オージャーガンマーとひたすらにダラダラと過ごす日々を送っていました。そんな綾乃は最近、毎日同じ夢を見るようになっていました。それは、「ユタにならなければ神罰が下る」という神様からのお告げのような夢でした。早速オージャーガンマーに相談する綾乃。しかし、実はかつてオージャーガンマーにもそのお告げが下されていたというのです。オージャーガンマーは、綾乃にユタになったほうが良いと諭しますが・・・。

登場人物

仲宗根 綾乃(なかそね あやの)

無職の19歳。黒髪と色白の肌が印象的な美人です。「しまんちゅの道」=「何もせずだらだら生きること」に生涯を捧げようと思っており、目標を持たないことを目標としています。小さいころは喘息持ちで、体が弱く学校を休みがちな子供でした。曾祖母以来のユタの資質に恵まれ、霊能力があるのですが、5歳のとき悪霊に取り憑かれた友達に忠告した際、信じてもらえないどころか気持ち悪がられてしまい、それ以来自分の力を疎むようになっていました。そのためユタになる気などさらさらなく、お告げを与える神様にも不遜な態度を取ってのらりくらりとかわしていましたが、神様から脅迫まがいのことをされたのをきっかけに、仕方なくユタになることに。親友のオージャーガンマーとのおしゃべりが趣味で、フランスは宮古島の一部だなどと多くの嘘を吹き込んでいます。怠け者の綾乃ですが、一年のうち、旧盆の日だけは活発に働きます。そのため仲宗根家のトートーメーは島で一番悪趣味な装飾と名高いものとなり、観光客も多数訪れます。

オージャーガンマー

86歳の老婆にして綾乃の親友。ノーパンでいることが多いのが特徴です。オージャーガンマーとは「大謝家の次女」という意味です。そのため姉が一人います。本名は大謝カマドゥ。67年前に綾乃と同じようにユタになるようお告げを受けましたが、とんでもない方法でそれを回避した人物です。

仲村渠 カニメガ(なかんだかり カニメガ)

55歳のユタ。島一番の実力を持つ人物で、三白眼でいかり肩なのが特徴です。ユタとしての才能はあるのですが、守銭奴で、毎日様々な家を「拝み不足」と言って回り、半ば強引に拝んでいき礼金をせしめて生活しています。大謝家に拝みに訪れた際に多大なる屈辱を受けたことがあり、未だに根に持っています。ユタになる前は、コザの基地内にあるロッククラブでメアリーと名乗って歌手活動をしており、米兵からも大変人気がありました。

神様

過去にはオージャーガンマーに、現在は綾乃にユタになるようお告げを下しています。女性の姿をしていて、刑務所の内情に詳しいなど、妙に人間くさいところがあるのが特徴です。

仲宗根 ナビー(なかそね ナビー)

綾乃の祖母。綾乃が5歳のときに亡くなりました。自身の母親がユタだったため、綾乃の能力を理解してくれる唯一の人でした。気品があり落ち着いた女性で、「綾乃」という名前はヤマト(日本)に出ても恥ずかしくないようにとナビーが付けた名前でした。

仲栄真 マヤ(なかえま マヤ)

綾乃が子供の頃よく遊んでいた友達です。家の拝み不足が原因で悪霊に取り付かれてしまいます。綾乃が忠告しましたが、信じてもらえず亡くなりました。

感想

この物語は私達のような外の人間が想像する沖縄とは違う、本当の沖縄の姿が描かれています。観光に行くだけでは知りえない沖縄の風土や習慣や宗教観など、石垣島出身の作者だからこそ書けた物語なのだと思います。前半は綾乃とオージャーガンマーの駆け引きが楽しく、ユーモラスでちょっと毒のある島人のセリフが軽快です。登場人物は少ないながらも皆個性的で、どんどん引き込まれます。ただ、セリフのほとんどがウチナーグチで展開されるので、慣れるまでは大変かもしれません。ですが呼んでいるうちに、ガジュマルの木蔭や三線の音、海から吹く風など本当にその場に居るかのように感じさせられます。後半はそんなゆったりとした沖縄時間の流れる物語から一転して綾乃の苦悩や悲しみがひしひしと伝わってくる展開になっています。本を読むときは大体無言・無表情になるものですが、この本は大声で笑ったり大泣きしたりと忙しいです。読んだ後には爽快感があり、心がじんわりと温かくなる本です。大人向けのファンタジーとしてもとても面白い物語なので、読んでみてください。

トップへ戻る