夏川りみ

透明感のある歌声と優しい笑顔がトレードマークで、彼女の歌声には人を癒す力があるとまでいわれています。夏川の伴奏を数多く務めた吉川忠英は彼女の歌声を「まさに南国の夜に煌く大きな星のように、強く、やさしく、あたたかく、僕の心をくすぐってゆく」と評しています。私も彼女の歌声が大好きで、特に代表曲である「涙そうそう」は毎日のように聞いています。

プロフィール

1973年10月9日生まれ。本名、玉木りみ。旧姓は兼久。夫はパーカッション奏者でTUBEのサポートメンバーとして知られる玉木正昭。幼い頃から歌うのが好きで、将来は歌手になることを夢見ていました。小学校2年生~中学1年生まで父親の指導で特大歌詞カードを張り感情の込め方などを毎日2時間練習していました。9歳の時に石垣ケーブルテレビ主催の「第一回ちびっこのど自慢大会」で優勝したのを皮切りに、全国各地の大会で賞を総なめするようになります。1984年には「素人名人会ちびっ子大会」で優勝しました。1986年、中学1年生のときに第10回「長崎歌謡祭」に出場し、史上最年少でグランプリを獲得しました。このときレコード会社からスカウトされて上京し、田辺エージェンシーに所属します。杉並区立阿佐ヶ谷中学校に転入し、その後堀越高等学校に入学しました。高校ではSMAPの稲垣吾郎と同級生で、修学旅行では一緒の班だったそうです。

最初のデビューと再デビュー

最初のデビューは1989年で、ポニーキャニオンから演歌歌手としてのデビューでした。芸名は「星美里」で、デビュー曲は「しほり」でした。藤山一郎などからは「40年に一人出るか出ないかの歌手」と称えられたのですがヒット曲には恵まれませんでした。1993年には第3回NHK新人歌謡コンテストに出場し、カップリング曲を予選で使い「港雨情」を決勝用に残す作戦に出ましたが予選で敗退しました。結局1996年に歌手活動を引退。沖縄県那覇市の姉のもとに移住し、姉の飲食店を手伝いながら歌う毎日を過ごしていました。彼女が歌っていると、彼女の歌声を目当てに店に訪れる客も増えたそうです。1998年には琉球放送のラジオ番組「岩ちゃんのビタミンラジオ」に本名の兼久りみの名前でアシスタントとして出演しました。1999年になると、ポニーキャニオン時代のディレクターが夏川のために音楽事務所を立ち上げ、彼女を東京に呼び寄せます。同年5月21日、「夕映えにゆれて」で夏川りみとして再デビューを果たしました。

「涙そうそう」と紅白歌合戦

再デビュー後もしばらくはヒット曲に恵まれなかった夏川でしたが、2001年に発売した「涙そうそう」がじわじわとヒットし、一躍有名になります。2002年には「第44回日本レコード大賞」で「涙そうそう」が金賞を受賞し、「第53回NHK紅白歌合戦」にも同曲で初出場を果たします。この時はこの曲の提供者である同郷のBEGINも同時に初出場を果たしており、石垣島では島中に「出場おめでとう」の横断幕がかけられて大騒ぎになったそうです。2003年には古謝美佐子のカバー曲「童神」が「第45回日本レコード大賞」で金賞を受賞しました。同年に出場した「第54回NHK紅白歌合戦」では再び「涙そうそう」を歌いました。2004年には「愛よ愛よ」で「第46回日本レコード大賞」最優秀歌唱賞を受賞。「第55回NHK紅白歌合戦」では三度「涙そうそう」を歌いました。2005年には愛知万博NHK関連番組で「ココロツタエ」がテーマ曲として使用されました。また、テレビアニメ「ドラえもん」のオープニング・テーマ曲として「ハグしちゃお」を発表しました。このオープニングの変更は実に26年ぶりのことでした。同年10月にはオーロラ基金主催のベネフィットコンサートで、初の海外公演を行いました。12月には「第56回NHK紅白歌合戦」に4年連続で出場し、「涙そうそう」を歌いました。2005年8月6日には、NHK紅白歌合戦連続出場などの実績や、沖縄民謡・楽曲を歌唱し、石垣市のミンサー織り衣装を着て登場するなど石垣市を広くアピールしたことが認められ、石垣市市民栄誉章を受賞しました。

事務所の移籍と結婚

2007年1月14日に所属していた事務所三井エージェンシーとの所属契約が満了しフリーとなります。同年2月からはステージ活動の休止、3月からは全ての活動を停止しました。4月から所属レコード会社の系列会社JVCエンタテインメント株式会社に移籍し、5月13日に大阪城ホールで行われた「母の日に感謝のコンサート」にサプライズゲストとして登場し、活動再開を宣言しました。その後、各地のコンサートやテレビ番組などにも複数出演するようになります。2009年1月1日には、パーカッション奏者の玉木正昭と結婚します。2010年8月20日、待望の第一子となる男児を出産。この妊娠の事実は同年1月18日にメディアに公表されていましたが、切迫流産の危険もあったのだそうです。2011年2月に「ゆりかごのうた」を、3月には生まれてくる子供たちに贈ることをコンセプトにしたニューアルバム「ぬちぐすい みみぐすい」を発売するなど、母としても歌手としても積極的に活動を続けています。

ディスコグラフィー

シングル

  • 1999年「夕映えにゆれて」
  • 2000年「花になる」
  • 2001年「涙そうそう」
  • 2003年「道しるべ」
  • 2003年「鳥よ」
  • 2003年「童神~ヤマトグチ~」
  • 2004年「愛よ愛よ」
  • 2004年「ココロツタエ」
  • 2005年「さようなら ありがとう」
  • 2005年「ハグしちゃお」
  • 2006年「さようなら ありがとう~天の風~」
  • 2007年「フルサト」
  • 2008年「あの花のように」
  • 2008年「いのちの音」
  • 2011年「ゆりかごのうた」
  • 2011年「あすという日が」

アルバム

  • 2002年「南風」
  • 2002年「てぃだ~太陽・風ぬ想い~」
  • 2003年「空の風景」
  • 2003年「ファムレウタ~子守唄~」
  • 2004年「沖縄の風」
  • 2004年「風の道」
  • 2005年「夏川りみ SINGLE COLLECTION Vol.1」
  • 2005年「彩風の音」
  • 2006年「RMITs~ベスト・デュエット・ソングス~」
  • 2006年「Rimi Natsukawa Selection」
  • 2007年「想い風」
  • 2007年「歌さがし~リクエストカバーアルバム~」
  • 2008年「あいのうた~セルフセレクション・ベスト~」
  • 2009年「ココロノウタ」
  • 2009年「おきなわうた~琉球の風を感じて~」
  • 2010年「歌さがし~アジアの風~」
  • 2011年「ぬちぐすい みみぐすい」
  • 2012年「BEST SONGS」

「涙そうそう」のエピソード

「涙そうそう」を歌うようになったのは沖縄サミットの関連イベントで同郷のBEGINがこの曲を演奏しているのを偶然テレビで見たことがきっかけでした。この曲に魅了された夏川は自分でも歌いたいと思い、BEGINのライブに行った際に楽屋を訪ね、歌わせてほしいと直談判しました。BEGINのメンバーは「あらためて別の曲を作ってあげる」と「あたなの風」を提供しますが、「涙そうそう」を諦め切れなかった夏川は懇願を続け、根負けしたBEGINがカバーへの許可を下ろす形になりました。夏川はこの曲に出会って全てが変わったと語っています。「やっと、自分らしさが分かって自身が出てきた」のだそうです。「涙そうそう」のヒットを最も喜んだのは、幼い頃から歌の手ほどきをしていた父でした。夏川自身は幼い頃は中森明菜などのポップスを歌いたかったそうですが、父に歌わされたのはいつも演歌でした。嫌々歌っていたこともあったそうですが、今は「演歌で歌の基礎をしっかり教えてくれたからこそ、今どんな歌でも歌える」と父親に感謝している旨を語っています。

トップへ戻る