笑顔のまんま

「BEGIN with アホナスターズ」という名義で2009年1月7日に発売されました。

収録曲

  • 1、笑顔のまんま(BEGIN with アホナスターズ)・・・作詞:明石家さんま、BEGIN 作曲・編曲:BEGIN
  • 2、笑顔のまんま(アホナスターズ with BEGIN)
  • 3、笑顔のまんま(radio edit)
  • 4、笑顔のまんま(karaoke)

「笑顔のまんま」が出来るまで

フジテレビ「FNS27時間テレビ!!みんな笑顔のひょうきん夢列島!!」の深夜コーナー「さんま・中居の今夜も眠れない」の中で、明石家さんまがBEGINに同番組のエンディングテーマを作ってほしいと依頼したことでこの楽曲が誕生しました。BEGINは番組放送時間内に曲を作らなければならず、寝る間を惜しんでわずか18時間でこの曲を作りました。歌詞にはさんまが入れて欲しいという言葉や思いが入れられており、さんまの座右の銘である「生きてるだけで丸儲け」や往年のギャグ「お前も頑張れよ」なども入れられました。そうして完成した「笑顔のまんま」が、番組のエンディング時に初披露されました。このタイトルは、BEGINのギター・島袋が同コーナー中に提案したものが採用されています。同曲が披露されると、さんまは目に涙を浮かべるほど感動し、放送直後から反響も凄かったそうです。そのため、同番組で披露されたときの音源が2009年8月5日から着うた、着うたフルの配信が順次開始され、CD化に至りました。当初歌詞は1番までしか存在しなかったのですが、CDでの販売に向けて2番も制作されることになりました。その際、さんまから1番とは逆の趣旨の言葉を入れて欲しいという依頼を受け、BEGINがそのリクエストに答える形で2番が作られました。本作のリリースを記念して、発売日には関西テレビ「さんまのまんま」のマスコットキャラクターである「まんまちゃん」がタワーレコード渋谷店に訪れました。その際、購入者特典としてまんまちゃんとの握手や写真撮影が行われました。また、この作品が誕生したことで一つの番組も誕生しました。タイアップとして使用していたジョージアがスポンサーの朝のFMラジオで放送されるミニ番組「GEORGIA presents ジョー&デッキーの上出来 one minute show!」で、この番組の放送時には「笑顔のまんま物語」という副題が着いていました。

アホナスターズについて

「笑顔のまんま」のCD発売にあたってレコーディングする際、BEGINのメンバーは「これは僕達だけの曲ではなく、さんまさんのために作った曲。さんまさんとゆかりのある芸人さんたちにコーラスをお願いしたい」と強い希望を伝えました。これを受けてさんまが自身と縁が深い芸人に呼びかけ、9人の芸人がそれに答えてコーラスに参加しました。メンバーは、間寛平、村上ショージ、ジミー大西、雨上がり決死隊、ガレッジセール、タカアンドトシ、それに作詞も担当した明石家さんまの合計10人の芸人が、「アホナスターズ」と名付けられ、BEGINとのユニットが出来たのでした。

タイアップ

  • 日本コカ・コーラ「ジョージア」CMソング
  • 「沖縄国際映画祭」テーマソング
  • 関西テレビ「さんまのまんま」エンディングテーマ
  • フジテレビ「FNS27時間テレビ!!みんな笑顔のひょうきん夢列島!!」エンディングテーマ

カバーなど

2009年9月発売のつるの剛士のカバーアルバム「つるのおと」にて、「つるの剛士 with BEGIN」として「笑顔のまんま」が収録されています。この曲はつるのが司会を務める番組「芸能人こだわり王講座 イケタク」のエンディングテーマに採用されたほか、CD発売前には同番組内でBEGINと共に披露されました。また、BEGINが司会をしている番組「いいはなシーサー」の2009年10月1日放送分でも「笑顔のまんま~いいはなシーサーVer.~」として演奏され、同番組のMCである相田翔子がサブボーカルを務めました。なお、この音源と映像は番組終了後に着うた、着うたフル、着ムービー化され、テレビ朝日の携帯サイトにおいて同年10月1日から10月31日までそれぞれ期間限定で配信されていました。また、明石家さんまとSMAPの木村拓哉が毎年行っている番組「さんタク」の2012年1月1日放送分のエンディングでは、木村拓哉の弾き語りで岩手県釜石市の少年野球チームとともに「笑顔のまんま」が歌われました。

トップへ戻る