石垣島でダイビング&シュノーケリング

石垣島といったらやはり美しい海とサンゴ礁を堪能しなければなりません。日本を代表するダイビングポイントとして知られる石垣島は、1年を通して沢山のダイバーが訪れる場所となっています。2012年のダイビング専門誌では日本国内のダイビングポイントランキングで1位を獲得しています。石垣島の周辺は、世界でも有数のマンタのクリーニングポイントでもあり、遭遇率も非常に高いそうです。こんな綺麗な海を目の前にして、潜らないわけにはいきません!

初めてならシュノーケリングがオススメ!

ダイビングのライセンスをお持ちでない方や、お子さんでも気軽に楽しめるのがシュノーケリングです。シュノーケリングは、シュノーケルという呼吸器とマスク(水中眼鏡)、フィン(足ひれ)を着けて泳ぐことをいいます。泳げない人でもウェットスーツを着れば沈むことはないので安心です。ダイビングのようにライセンスや特別な機材を必要としないので、手軽に楽しむことができます。石垣島の海はとても綺麗なので、シュノーケルでも十分に魚やサンゴを見ることができますし、インストラクターの方が丁寧に教えてくれるので安心です。

まずは体験ダイビングから!

ダイビングには「Cカード」というライセンスが必要です。お持ちでない方や、初心者の方はまず体験ダイビングに参加してみましょう。体験ダイビングにはライセンスは必要ないので、初めてでも参加できます。また、大抵の体験ダイビングがシュノーケリングから初めて徐々に海に慣れていくという工程をとっているので、万が一怖くてやめたくなったときや耳抜きできないなんてことになっても安心です。ライセンスを取るための練習ではないので、気軽に魚と触れ合える、ダイビングを純粋に楽しめるのでオススメです。

石垣島でライセンスを取ろう!

石垣島の海は一年を通して水温が高めで、遠浅で波も安定しているのでダイビングのライセンス講習をうけるのにはピッタリの海です。ライセンスの取得には最短でも2日間の講習を受ける必要があります。まずはテキストを使った学科講習、それから陸地で機材の使い方を学びます。次に浅瀬での機材の使い方の練習が始まります。水中を自由に泳ぐための浮力コントロールの仕方や、マスクの中に水が入ってしまったときの対処法、レギュレーターが口から外れたら、空気が無くなったらなど、水中でパニックにならないように何度も繰り返し練習します。もちろん浅瀬といえども海ですので魚を見ることも可能ですが、基本スキルを覚えなければライセンスが取れないのでなかなか大変です。2日間のほとんどを海の中で過ごすので体力的にもきついです。浅瀬での講習が終わったら、いよいよ本格的に潜ります。海中での機材の着脱や、浅瀬で身につけた基本スキルのおさらいなどをしながら海中散歩を楽しみます。基本スキルが出来るようになれば講習は終了。無事ライセンス取得となります。このライセンスは世界共通なので、一度取ってしまえば世界中の海に潜ることが出来るようになります。体験ダイビングやシュノーケリングではいけないような深い海にも潜ることができ、もっと沢山の海の生き物に出会うことができるのです。

オススメダイビングポイント

石垣島の海はどこに潜っても透明度が高く、海の生き物も充実しているので楽しいです。その中でも特にオススメのポイントを紹介します。

川平石崎マンタスクランブル

川平湾からボートで10分ほど行ったところにあるポイントです。石垣島で人気ナンバーワンを誇るポイントで、ここでは高確率でマンタに遭遇できます。マンタは枚で数えるのだそうですが、トップシーズンなら一回のダイブで10枚以上のマンタに出会えることもあります。マンタは一年中見ることができますが、一番高確率で見られるのは9月~11月です。人気のスポットなので混雑することもありますが、優雅に泳ぐマンタを下から見上げられるのは石垣島のダイビングならでは。一生に一度は潜りたいポイントです。

底地ビーチ沖

見渡す限りサンゴ礁が広がる底地ビーチ沖は、サンゴに群れる小さな可愛らしい魚達はもちろんのこと、ウミガメにも遭遇する確立が高いポイントです。どこまでも続くサンゴに、太陽の光が降り注ぐ様子はまるで竜宮城のようです!水深は浅めで流れも穏やかなので、初心者にもオススメのポイントです。

崎枝迷路

その名の通り、迷路のような面白い地形が魅力のポイントです。潜ったら自分がどこに居るのか分からなくなるほど複雑な地形です。ホールに差し込む光はとても神秘的。雑誌などでもよく紹介されているポイントなので人気が高いです。サンゴや魚の種類も豊富で、クマノミやアオヤガラ、アカテンコバンハゼなど温かい海ならではのカラフルな魚達にも出会えます。地形派の方は必見です。

米原Wリーフ

米原キャンプ場の沖合いにあるポイントです。初級者から上級者まで楽しめる大きなリーフです。ロクセンスズメダイの群やキンギョハナダイ、アカネハナゴイなどカラフルな魚がお出迎えしてくれます。エビやカニなどのマクロ系も充実していて、石垣の海らしい楽しみ方ができます。

トップへ戻る